これでどうだ!!ドラム式洗濯機の気になるカビはゴムパッキン用カビキラーでキレイになります(^^)/

こんにちは! 専業パパです(^^♪

ドラム式洗濯機の取り出し口のゴムパッキンのカビがなかなか取れない...
ドラム式洗濯機のあそこにカビが生えているのがいつまでも気になる。

特にパナソニックのドラム式洗濯機をおつかいの方はこんな悩みを抱えているのではないかと思います。
洗濯物を入れるときも出すときもいつも目につきますもんね( 一一)

そんな悩めるママのために、今回は特別に私の考案した「しつこいカビ攻略法」について紹介します(^^)/...

なんて記事を書いて天狗になっていた私は、ジョンソンお問合せ窓口より以下の内容のコメントをいただきました(>_<)

専業パパ様のブログを拝見いたしました。
日頃より、弊社製品をご愛用いただき、効果を実感しているというお言葉をいただき、大変うれしく思います。

このたびのお問合せにつきまして、カビキラーの使用方法をご案内させていただければと存じまして、ご連絡させていただきました。

カビキラーは、浴室専用のカビ取り剤となります。
そのため、大変恐れ入りますが、洗濯機のゴムパッキンへの使用は、効果と安全性を検証していないため、弊社で推奨をしていない使用方法となりますこと、ご理解いただけましたら幸いです。

また、金属面に液が付着した場合、変色や錆の原因になる可能性や、万が一、電気系統に液が浸透した場合、故障等の原因になる恐れもございます。

思わぬトラブルが発生しないために、皆様には用途外でのご使用をお控えいただくことをご案内しております。
何卒よろしくお願い申し上げます。

これからもジョンソン製品をよろしくお願いいたします。

なんてこったい...((+_+))

ということで、「安心・安全」な洗濯機の気になるところのカビ取り方法はないものか?とカビキラーのラインナップを確認していたところ、こんな素晴らしい商品を発見しました!!

これです!その名も「ゴムパッキン用カビキラー」...
いいのがあるじゃないですか!さすがジョンソン株式会社さんヽ(^o^)丿

前置きが今までで一番位長くなりました...この記事では、ジョンソン株式会社から発売されている「ゴムパッキン用カビキラー」の使用するにあたり準備するもの、注意事項、使い方について紹介しています。

最後まで読んでいただければ、最後まで読んでいただければ、あなたの家のドラム式洗濯機のあそこも簡単にきれいになること間違いなしです(笑)

この記事では、ごく普通の家庭内に生えるあの「黒いカビ」の画像が出で参ります...(>_<)
カビの画像が苦手な方は閲覧をお控えください。

準備するもの

まずは準備するものです、準備するといっても「ゴムパッキン用カビキラー」以外はおそらく既にご家庭にあるものかとおもいます、以下をご確認ください(^^)/

ゴムパッキン用カビキラーはホームセンターなどでセットで安売りしていることが多いので、そちらでの購入をおススメします(^_-)-☆

この下のリンクからポチると高いのでご注意ください!

・ゴムパッキン用カビキラー
・雑巾
・ゴム手袋(私はいつも使いません( `ー´)ノ手が肌荒れします!絶対に着用してください
・マスク(私はいつも使いません( `ー´)ノ臭いです!絶対に着用してください
・防護眼鏡(私はいつも使いません( `ー´)ノ目に入ると大変です!絶対に着用してください

注意事項

注意事項といっても、ゴムパッキン用カビキラーの注意事項をしっかりと読んで、用法・用量を守ることです。

具体的にはゴム手袋、マスク、防護眼鏡は必ず着用することや換気をしっかり行う事、さらには目に入ったときや手で触れたときなのはどうするか?などの記載がありますので、一度は読んだ方が良いかと思います。

使い方

それでは、ゴムパッキン用カビキラーの裏面「使用方法」に則って作業を進めていきましょう(^^)/

まずは、よごれやほこりを取り除いていきます。
この時に注意することは、乾拭きか水拭き又は中性洗剤を使ってよごれ等を除去することです。

間違っても酸性の洗剤や溶剤は使ってはいけません((+_+))
塩素ガス発生の原因になりかねません。

今回わたしは、水と歯ブラシを使ってホコリ等を除去しました(^^)/

汚れやほこりが取り除き終わったならば、ゴムパッキン用カビキラー容器のキャップを取り外し、カビの付着した部分に直接塗り込んでいきます。

この際の注意事項はゴムパッキン用カビキラーの容器を「軽く押しながら、中の溶液を出す」事です。
余り強く容器を押すと、中の溶液が飛び出すことがある!!そうです...

実際はそこまで気にしなくてもいいかな?といった感じでした(笑)

ゴムパッキン用カビキラーをしっかりと塗り込んだら、15分~30分放置します。

わたしは慎重派なので、今回30分放置しました(^_-)-☆

カビ汚れが落ちたならば、充分に水拭きするか水洗いをします。
この際「ウエットティッシュは使わない事」と注意書きがされています、ウエットティッシュには酸性のものがあるのかもしれませんね...

今回は雑巾で何度か水拭きをしました。

だいぶ綺麗になりました。
塗布後に綺麗にならない場合は再度繰り返すとありますので、暇をみてやってみようかと思いますが今日のところはここまでとします(@_@)

今後必ずレビューさせていただきます(^^♪

最後に、キャップをきちんと閉めたのち手、顔、目を洗うとありますので洗って下さい。
いつもながら私は顔と目は洗っておりません...(笑)

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は「ゴムパッキン用カビキラー」を洗濯機の気になるカビに使うを焦点にあてて紹介いたしました。
過去記事で紹介した「しつこいカビ攻略法」↓

を「ジョンソン株式会社」さんにダメ出しを受けてのリベンジ記事となりますが、おかげ様をもちましてカビキラーの更なるラインナップとも出会うことができ、結果オーライかと思っております。

ゴムパッキン用カビキラーは洗濯機の気にになるカビ以外にも、公式でタイル生地・冷蔵庫のゴムパッキン・結露する窓枠・洗面台のつなぎ目などにも使えるそうですので、わたしのお掃除の幅も広がりそうです(^^♪

今日の一言

庭で家庭用プールにはいれるのはいつ頃まででしょうか?

ここで紹介(^^)/ダスキンメリーメイドって知ってますか?



家事代行サービスで3年連続人気ランキング1位のメリーメイドサービスでは、サービスの提供範囲が広いことが最大の特徴で、掃除や、洗濯、料理、買い物をはじめとして様々な家事をお願いできます(もちろん、上履も洗ってくれます(笑))

対応エリアも北海道から沖縄まで全国720店舗あるため、首都圏はもちろん、地方にお住いの方でも利用することができるのはうれしいところです(^^)/

また、メリーメイドサービスの担当スタッフは、ダスキンが厳しい基準をもとに採用し、直接雇用している方々なので、経験豊富な家事のプロフェッショナルが揃っています。
もちろん私たちのようなアマチュアよりも家事はおてのもの...( ..)φメモメモ

苦手な家事や掃除は定期的にお任せするのもいいかもしれません♪
今度私も利用してみようと思っておりますので、その際はレビューさせていただきます(^^♪



家事

Posted by 専業パパ